うみ ひと まち しちがはま

七ヶ浜町(しちがはままち)

担当者からのメッセージ

七ヶ浜町に興味を持っていただきありがとうございます。七ヶ浜町の特徴は「一番」が多くあることです。たとえば、北海道・東北の市町村の中で面積が「一番」小さいことや、菖蒲田海水浴は東北で「一番」最初に開設された海水浴場であること、そして、昼夜間人口比率が全国で「一番」低いなんて統計もあります。小さなまちですが、主要な施設がまとまって所在し、日中静かで海がすぐ近くにある、そんな「一番」が一杯な七ヶ浜町にあなたも住んでみませんか。

子育て

北は日本三景・松島、東に広がる太平洋。町中央の丘陵の住宅街から沿岸部へ下れば、自然豊かな海や浜が広がります。北海道・東北の市町村で面積が最小というコンパクトな街に、ギュっと子育ての魅力が詰まっています。
【子育てに関する主な施設】
・子育て支援センター、公立保育所、認定こども園、私立幼稚園、野外活動センターなど
【主な事業】
・子ども医療費助成 0歳から18歳まで(所得制限はありません。)
・子育て支援センターはイベント盛りだくさん!(ママお茶会、英語でDancing、はまのおもちゃ病院、絵本貸出など)
・小さな町だからこそ、顔なじみの保健師、保育士、助産師などの専門職が、子育てを応援します。

教育

小学校では、平成29年度から10年間(令和8年度)の教育課程特例校の指定を受け、「英語を通したコミュニケーション力の育成」に力を入れた活動をしています。3人のALTのネイティブな発音による「明るく、楽しく、面白い」「英語嫌いを出さない」授業づくりのもと、自分の頭で考え、自分の言葉で意見や考えを伝えることができるコミュニケーション力の育成を目的に取り組んでいます。また、中学校では、七ヶ浜5ラウンドシステムによるテンポの良い授業から英語コミュニケーション力を高める取り組みを行っており、アクティブな授業を展開しています。他にも地域の連携が充実しており地域で子どもを育てる基盤が整っています。

自然

七ヶ浜町は、三方を海に囲まれた半島状のまちです。県内有数の観光客数を誇る菖蒲田海水浴場や、松島四大観の一つである多聞山のほか、桜の名所として有名な君ヶ岡公園、縄文時代前期から中期にかけての大規模な貝塚遺跡である大木囲貝塚があります。
七ヶ浜町の特徴として町の面積が13.19平方キロメートルであり、北海道・東北の市町村の中で最小の面積であることです。気候は海洋性で、比較的寒暖差が少なく温暖な気候です。仙台中心部に近いこともあって人口密度は高いですが、そのわりに自然が多く残され住みやすい町です。

プロモーションムービー

アクセス

東京からのアクセス

JR東北新幹線「仙台駅」でJR仙石線に乗り換え、
「多賀城駅」または「本塩釜駅」からバスで30分

仙台からのアクセス

JR仙石線「多賀城駅」または「本塩釜駅」からバスで30分

相談の申し込み

DAY1

02月13日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。

市町村相談ブース一覧に戻る