子育てするなら山元町

山元町(やまもとちょう)

担当者からのメッセージ

「子育てするなら山元町」「キラリと輝くすてきな出会いがある町」をモットーに、子育て施策や定住促進策を充実させて、山と海に囲まれた東北の温暖な自然の中で、安心して暮らせる町づくりを行っています。町内には子育て支援センター、ファミリーサポートセンター、民間の病院や老人介護設もあり、あらゆる世代の方にとって暮らしやすい街です。特産のいちご、りんご、ホッキ貝、シャインマスカット等の味覚も楽しむことができますので、ぜひ一度おいでください。

子育て

ベビーバス及びベビーベッドの無料レンタルや、出産お祝いとして町内店舗を利用できる出産お祝い育児支援チケットの配付、ベビーマッサージ・ベビーコミュニケーション講座の無料受講、1歳6ヶ月児健診及び3歳児健診時に絵本、知育ツールを贈呈、18歳の年度末まで通院及び入院の自己負担分を医療費助成、不妊治療を行う際の体外受精及び顕微授精費用の一部を助成するなど、「子育てするなら山元町」をスローガンにさまざまな子育て支援策を行っています。

自然

宮城県の東南端に位置し、東に太平洋を臨み、西に阿武隈山地が広がる温暖で自然豊かな暮らしやすい町です。豊かな大地と海が育んだ特産品のいちご、りんご、ホッキ貝、シャインマスカットは人気が高く例年多くの方が観光に訪れます。シーズンになると、完熟いちごを摘み取りその場で味わうことができる「いちご狩り」体験や、新たな夏の風物詩として、東日本大震災で被災した沿岸部の広大な農地に約200万本のひまわりが咲き誇る「やまもとひまわり祭り」など、多くの魅力にあふれています。

住まい

宮城県の東南端に位置し、気候風土に恵まれた温暖な気候で住みよい環境です。移住する方の住宅取得にかかる費用負担を大幅に軽減する県内最高水準の「移住・定住支援補助」を行い、自然豊かな環境での暮らしや子育てを奨励しています。街にはじめて住む方やUターンして住む方で、特に子育て世帯や新婚世帯の方には最大370万円(モデルケース:子育て世帯で家族数4名)が補助金として支給されるので、これからお引越しを考えられている方や、住宅を新たに取得されるご予定の方にお勧めです。

アクセス

東京からのアクセス

〇高速道路 東京⇒山元間 4時間30分(334.2㎞)
〇鉄道   東京⇒仙台⇒山元 2時間30分(387.3㎞)

仙台からのアクセス

〇高速道路 仙台⇒山元間 30分(30.4㎞)
〇鉄道   仙台⇒山元間 40分(35.3㎞)

資料ダウンロード

相談の申し込み