仙台から30分!東北の湘南 わたり

亘理町(わたりちょう)

担当者からのメッセージ

冬暖かく夏涼しいまちである亘理町は、どこかのんびりした空気が流れ、訪れた方一人ひとりが思い思いの過ごし方、住まい方ができるまちだと感じています。今回は亘理町が持つ自然・食・子育てについて触れましたが、紹介しきれなかった町の「魅力」がまだまだあります。亘理町について興味を持たれた方、もう少し詳しく知りたい方、この機会に是非お話ししましょう!

子育て

亘理町では高校3年生まで入・通院の医療費に係る自己負担分(保険適用分)の助成をおこなっています。令和2年4月1日には「子育て世代包括支援センター」が開設され、妊娠期から子育て期までの様々なニーズに対し、子どもの成長を支えていけるよう切れ目ないサポートを受けられます。センター内には「亘理町ファミリー・サポート・センター」が併設され、子どもを預かってほしい方、子どもを預かることのできる方が会員となり、会員同士で支え合う子育ての援助活動をおこなっています。子育て中のお母さん、お父さんが手軽に利用できる便利なアプリ「子育て応援わたりんナビ」では、各種健診や予防接種の予定も簡単に立てることができます。

自然

亘理町は東に太平洋、西に阿武隈高地、北に阿武隈川と海・山・川に囲まれた自然豊かなまちです。その中でも海は、県内有数のサーフスポットの一つとして知られているほか、ヒラメやカレイなどの釣果が全国でも屈指とされるなど多くのサーファーや釣り客で賑わいを見せます。また、1年を通して営業する「亘理町B&G海洋センター」はSUPやカヌーなどの各種マリンスポーツが楽しむことができます。アクティビティを楽しんだ後は太平洋を一望できる海辺の天然温泉「わたり温泉鳥の海」でひと休み。仙台秋保温泉「ホテル佐勘」プロデュースのこの施設では、美肌の湯と言われる肌がしっとりとする源泉100%使用のとろみのある湯が楽しめます。

亘理町の自然が織りなす風土は四季折々の海・山・里の幸をもたらしてくれます。その筆頭が宮城県を代表する亘理町発祥の秋の味覚「はらこめし」です。はらこめしは炊き込まれたご飯の上に脂ののった鮭の身と大粒のはらこ(イクラ)を贅沢にのせた料理で、亘理町内の飲食店や旅館などで味わうことはもちろん,町内の各家庭でもその家独自のはらこめしがレシピが存在します。町でははらこめしをもっと有名にし、世代を超えて地域に根付いたものにしたいという思いから「はらこめし推進条例」まで作ってしまいました。亘理町では秋のはらこめしのほか、「ほっきめし」「あなごめし」と四季を通じてグルメを楽しむことができます。

プロモーションムービー

アクセス

東京からのアクセス

車:約4時間(常磐自動車道利用)

仙台からのアクセス

電車:約30分 JR仙台駅~JR亘理駅(JR常磐線)
車:約40分(長町IC(仙台南部道路)~亘理IC又は鳥の海スマートIC(常磐自動車道))

相談の申し込み

DAY2

02月14日(日)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。

市町村相談ブース一覧に戻る