「住みたくなるまち日本一」を目指して

富谷市(とみやし)

担当者からのメッセージ

富谷市は、県のほぼ中心に位置し、仙台市と隣接しているという地理的優位性や、住環境の良さが評価されていおり、仙台市などの近隣市区町村に勤められている方でも富谷市を居住地とするというパターンがよく見受けられます。
県外の方にとっては富谷市という名前には馴染みないかと思いますが、一生を通して安心して暮らせるための施策を多く展開しておりますので、少しでも興味がありましたらお気軽にご相談ください。

子育て

安心して出産・子育てをすることができる環境に力を入れており、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援を行うための施設である子育て支援センター「とみここ」が2017年4月にオープンしました。
また、2020年4月1日時点での待機児童数0の達成や、市内の全ての小学校の敷地内に、保護者が就労等により昼間家庭にいない児童を対象とした放課後児童クラブを設置するなどの取り組みによって、子育てと仕事を両立することができる環境の整備にも力を入れています。

近年、富谷産の食材を使ったお菓子やスイーツが、市内の多くの店舗にて販売されています。
元々有名であったブルーベリーだけでなく、ハチミツ、シャインマスカット、イチジクなどの富谷産の食材で作られたとみやスイーツは、味はもちろんのこと、見た目も美しいものばかりです。市内のスイーツ店では、例年、旬の果物を使用したスイーツを提供する「スイーツフェア」を開催しており、富谷市の新たな魅力の一つとなっています。

住まい

住みたくなるまち日本一」を目指して”というキャッチコピーのもと、住環境の整備に力を入れており、市内には新興住宅地や大型スーパーが多くあります。
2020年に大東建託が実施した自治体別の住みここちアンケートでは、富谷市が東北で1位という結果になりました。全8項目ある評価項目の内、「生活利便性」「静かさ治安」「交通利便性」「親しみやすさ」「イメージ」「行政サービス」「物価」の7項目において県内3位以内に入っており、実際に暮らしている市民の方がいかに住環境の良さを感じているかが分かります。

アクセス

東京からのアクセス

東北新幹線東京駅~仙台駅(1時間半)+仙台市営地下鉄仙台駅~泉中央駅(15分)+路線バス(30分)

仙台からのアクセス

仙台市営地下鉄仙台駅~泉中央駅(15分)+路線バス(30分)

相談の申し込み

DAY1

02月13日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。

市町村相談ブース一覧に戻る