SDGsモデル都市「東松島」

東松島市(ひがしまつしまし)

担当者からのメッセージ

普段の生活は自然豊かな郊外へ、仕事は街中やJR・高速道路を利用して近隣市町村へと交通のアクセスも容易な生活ができるベッドタウンとしてもおススメできる立地で、住みよさランキング「快適度部門」三年連続全国一位を獲得したこともあります。
また、航空自衛隊松島基地の所在地でもあり、ブルーインパルスのアクロバット飛行を日常的に行っており、街中に高層の建物もないため青く広い空を飛ぶ姿をぜひ見に来てください。

子育て

SDGs №3.4の取り組みとして、地域連携等強化に資する公助・共助プラットホームとして市内11校の小中学校のコミュニティ・スクールを軸に横展開し、総合学習を契機に子どもの学ぶ意欲を喚起しています。
また、子供を安心して育てやすい環境づくりにも取り組んでおり、高校卒業まで子供の医療費を無料とする「子ども医療費助成制度」や仕事を持つ保護者の子育てをサポートするため仕事から帰るまでの時間や学校休業日に小学校4年生までの子どもを預かる「放課後児童クラブ」なども行っています。

自然

東松島市は観光として日本三大渓「嵯峨渓」、四大観「壮観・大高森」、ソメイヨシノや八重桜など500本以上の桜がある「滝山公園」、日本最大級の規模をもつ貝塚がある「さとはま縄文の里史跡公園」などがあり、夏には比較的波が穏やかな湾となっている「月浜海水浴場」もあります。
また、自然豊かな環境を生かした取り組みとして、独自教育「森の学校」カリキュラムや奥松島・宮戸島にある縄文時代から続く景色を満喫できる宮城オルレ「奥松島コース」など行っています。

しごと

豊かな自然を有する当市は、自然と密接した一次産業が盛んです。
農業は「ひとめぼれ」や「かぐや姫」などの水稲が中心ですが、野菜の生産にも力を入れており、イチゴやトマトもみずみずしいものが育っており、各地区の直売所で新鮮な野菜などが購入できます。
また、海に面しているため漁業も行っており、海苔は皇室に献上されるほど上質な香りと味わいを備えており、牡蠣も栄養豊富な海で育つため質が高く全国の養殖地へ種ガキとして出荷されています。

プロモーションムービー

相談の申し込み

DAY1

02月13日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

DAY2

02月14日(日)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。

市町村相談ブース一覧に戻る