ゆるく、おもしろく、つながる栗原。

栗原市(くりはらし)

担当者からのメッセージ

 私たちは、必ずしも栗原市への移住ありきではなく、相談者さんが思い描く田舎暮らしに向けて、ベストな選択ができるためのお手伝いをさせていただく。そんなスタンスでやっています!
 もちろん私たちだけで伝えられないことは、地域サポーターたる先輩移住者や地域の皆さんと一緒にチームで伴走させていただきます。栗原とのゆるやかな関わりの中から、漠然としたものを一つずつリアルなものにしていきましょう!

自然

花の百名山の一つ、栗駒山の秋の紅葉は「神の絨毯」と言われるほどの美しさ。そんな栗駒山からの清らかな流水は、栗原の大地に多くの恵みや恩恵をもたらし、豊かな農耕文化と食文化が育まれてきました。それが栗原の「暮らしの豊かさ」だと、移住されたきた方々に教えてもらいました。
 四季折々の風景や旬を味わう暮らし。キャンプやサイクリングなどのアウトドアを満喫する暮らし。それが栗原いなか暮らしの日常です。
 栗原の子どもたちは、土に触れ、自然の豊かさを味わい、時には自然の厳しさも学ぶ中で、生きるチカラを養い、たくましく育っていきます。そんな栗原の四季折々の「暮らし」をゆる~く体験してみませんか。

栗駒山の自然の恵みの一番は「食」!
 伊達藩献上米の里として古くから良質なお米を育んできた肥沃な大地の恵みと生産者のワザ(技術)で作られたお米を味わってみませんか。
 自然の恵みたる清流があるからこそお酒も旨い!山の湧き水で育てられたイワナのお刺身も絶品!熊肉も食べられるお店もあったり。また、県内一、広い面積を誇る栗原市だからこそ、市内には少なくても14ヶ所以上の直売所があり、四季折々の特色ある新鮮野菜や果樹類なども味わえます。
 自然の恩恵たる「食」の産地だからこそ、生産者の顔が見える安心感、農作業や収穫体験・旬な食材や料理を味わうことで、栗原の子どもたちの「食育」にもつながっています。

防災

2008年岩手・宮城内陸地震による山地災害や河川の氾濫など、これまで幾度となく自然災害と向き合い、知恵と工夫を繰り返してきた先人たちの経験が伝承される中で、行政・地域が一体となった「まちの防災力」の醸成につながっています。
 また、過去の教訓を次代を担う子どもたちに伝えていこうと、市内全域を「栗駒山麓ジオパーク」として2015年、日本ジオパークに認定され、子どもたちの防災学習プログラムに取り組んでいます。
 いつ、どこで、誰にでも起こりうる自然災害。子どもたちがジオパークを通じて、地域の成り立ちや歴史・文化、過去の自然災害とどう向き合い克服してきたのか、そんな学びの場があります。

プロモーションムービー

アクセス

東京からのアクセス

(東北新幹線)JRくりこま高原駅から東京駅まで約2時間

仙台からのアクセス

(車)栗原市役所からJR仙台駅まで約60分
(東北新幹線)JRくりこま高原駅からJR仙台駅まで約25分
(東北本線)JR瀬峰駅からJR仙台駅まで約60分

資料ダウンロード

相談の申し込み

DAY1

02月13日(土)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

DAY2

02月14日(日)

13:00-13:30
✖️
13:30-14:00
✖️
14:00-14:30
✖️
14:30-15:00
✖️
15:00-15:30
✖️
15:30-16:00
✖️
16:00-16:30
✖️
16:30-17:00
✖️

誠に申し訳ありません。現在空き枠がございません。

市町村相談ブース一覧に戻る